本日は「ミスして上手くなる」シリーズ第2弾をお届けします。
今回のお題は「高速ロングサーブ」です。


今回は1つだけ注意してほしいポイントがあります。それは「打球するときにラケット面が上を向かないこと」です。

ラケット面が上を向いてしまうと、下回転系のスピンがかかってしまい
ボールが入りづらくなる
スピードが出づらくなる
ということが起きるからです。

それでは、今回どのようにミスするのか?→「思い切りボールを吹き飛ばし、卓球台から思い切りオーバー」

これは自分のインパクトのMAX値を知って、そのあとに卓球台に入るようにしていくという方法です。
どうしても卓球台が目の前にあると無意識に「入れに」行ってしまい、力をセーブしてしまいます。
その無意識をまずは解放するところがスタートになります。是非参考にしてみてくださいね。